家庭から二酸化炭素を減らそう!

大気中の温室効果ガスの温暖化への影響の割合二酸化炭素(CO2)は地球温暖化に最も影響のある温室効果ガスです。


日本の部門別二酸化炭素排出量の割合現在、家庭からのCO2排出量は日本の総排出量の約5分の1を占めています。


家庭からの二酸化炭素排出量その内訳で最も多いのは電気の消費による排出です。全体の約3分の1を占めています。

特に寒い季節は、エアコンや石油ストーブなどの暖房機器による電気の消費量が多くなってきます。

なぜ電気を消費するとCO2が出るのか!?

電気は発電の際にCO2を排出します。こうして発電された電気を消費することで、わたしたちはCO2を間接的に排出しているといえます。これをCO2の間接排出といいます。

ファンヒーターは灯油を燃焼しているので、間接排出のほかにCO2を直接排出しています。

エアコンや石油ストーブなどの暖房器具のほとんどは1部屋をあたためる力しかなく、各部屋に1台ずつ置いて暖房しているのが現状です。これでは電気の消費は増える一方ですよね。

新潟県南魚沼市の上村工務店